大人の読書感想文

【必要な貯蓄率の計算方法】あなたの家計では、今後必要な貯蓄率は○○%です!

こんにちは! マメ助です。(Twitter@2020mamesukeFP🔗)

(皆様の応援ポチが励みになります!↓)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

   

質問者さん

我が家の必要な貯蓄率の目安が分かりません!!

貯蓄率の良い求め方はありますか?

今回は、質問者さんのような疑問に答えていこうと思います。

この記事は、次の2点が分かります。

① 毎月どのくらい貯蓄すればいいか、目安が欲しい人に!

② 現在の貯蓄率で将来の暮らしは大丈夫か、確認したい人に!

  

人生には、色々なお金が必要になってきます。

例えば、子どもの教育資金や老後資金など、今後のお金の心配を抱いている人は、少なくありません。

マメ助

老後2,000万円問題は、よく聞く話だよね。

   

老後は、生きていれば誰もが訪れる未来です。

老後の生活は、現役時代に「稼ぎ・貯めた」お金を「取り崩し」ながら生活していきます。

基本的には、現役時代の生活費をベースに、老後に必要な生活費(0.7倍とか)を計算するのが一般的です。

ですが、実際に現役時代にどれだけのお金を準備すればいいのでしょうか?

  

今回は、そんな漠然とした疑問を、目標数値化するとっておきのツールを紹介します。

(山崎式)「人生設計の基本公式」

→あなたの家計では、毎月○○%の貯蓄率を達成すれば、老後不安はなくなります!

マメ助

最後までご覧いただき、資産形成のヒントにしていただければ幸いです。

おさらい!お金を増やすお金持ちのルール

お金を増やす方法は、いまも昔も次の3つだけです。

① 働いて収入を得る

② 倹約して支出を減らす

③ 資産運用(積立投資)によってお金を増やす

お金持ちになるための原則

(① 収入-② 支出)+ 資産 × 利回り(%)

    

今回は、①と②を考慮した(①収入―②支出)から、老後の生活費を準備するのに必要な貯蓄率を算出します。

 

「人生設計の基本公式」で自動計算しよう!

実際に計算してみましょう。

(計算式を自動で算出できる公式サイトURLを、記事の最後に紹介しています!)

この公式で必要な要素は、次の6つです。

  1. 手取り世帯年収(退職までに得られるであろう平均値)
  2. 現役時代の生活費から見た、「老後の生活費」の比率
  3. 現役年数(残りの働く年数)
  4. 老後年数(退職後の余命年数)
  5. 老後の定期収入(年金など)
  6. 現在の資産額(円)

    

公式を示すと次のようなものになります。

「人生にお金はいくら必要か」(著者:山崎元・岩城みずほ、東洋経済出版)より引用。

マメ助

なるほど、分からん。

  

見ているだけで嫌になりますね。

もちろん、公式サイトでは自動計算してくれますので、当然覚えなくても大丈夫です(笑)

   

  

マメ助家の事例を紹介!

具体的にマメ助家の事例を紹介しつつ、老後資金の不安をなくすための必要な貯蓄率を確認しましょう。

【マメ助家基本情報】

夫婦ともに会社員共働き(夫)30代、(妻)20代。

現在の世帯年収は、約800万円(ボーナス含む)

※今後30年働いて、30年の余生を過ごす。

※世帯年収はボーナスを除いて、さらに1割ほど少なく見積ります。

  

詳しくは、私たちのプロフィールを確認🔗してください。

(クリックでジャンプします。)

 

条件を決める

①手取り世帯年収(退職までに得られるであろう平均値)

 5,400,000円(ボーナスを除く、540万円)

②現役時代の生活費から見た、「老後の生活費」の比率:0.7倍(70%)

③現在の資産額(円) :10,000,000円(1,000万円)

④老後の定期収入(年金額)

 1,620,000円(現役時代の世帯年収の3割)

⑤現役年数(残りの働く年数):30年

⑥老後年数(退職後の余命年数):30年

    

上の条件を公式サイトに入力すると次のようになります。
(図1)人生設計の基本公式に入力した実際の画面

 

(注:iDeCoやつみたてNISAによる資産運用をしていますが、将来のインフレと運用利回りが相殺されて、実質利回りを0%として保守的に見積もっています。

マメ助

かなり保守的に計算しましょう!

   

計算結果

(図2)計算結果

計算の結果、現役時代に必要な貯蓄率は約20%になりました。

また、この調子で試算形成が順調に進めば、退職後の30年間は、年間約300万円(月額約25万円)で生活することが分かります。

マメ助

必要な貯蓄率は、約20%でした。

ママ助

世帯手取り45万円の約20%=約9万円だね。

今は、夫婦2人だけだけど、家族が増えたりすると、一時的に厳しくないかな?

   

そういった場合は、条件を変えて何度も計算してみましょう!

条件を変えて再度計算

では、次に条件を変えて再度計算しましょう。

(条件②)は、老後の生活費の倍率を、現役時代の0.6倍(60%)に減らしてみます。

(図3)条件を変えて再計算

条件②の計算結果は、次のとおりです。

(図4)条件を変えると貯蓄率が変化します
マメ助

必要な貯蓄率は、約15%になりました。

ママ助

世帯手取り45万円の約15%=約6.7万円/月だね。

子どもがいる家庭なら、まぁ現実的な貯蓄率かも。

マメ助

ファイナンシャル・プランナーの横山光昭さんは、「どんな世帯でも16.7%の貯蓄率なら無理なく続けられる」と推奨しているからね!

  

計算式の注意点

現実的に見積もるために、次の5点に注意しましょう。

① 手取り世帯年収

 会社員:ボーナスを含めずに、1割ほど低く見積もる

 自営業者:2~3割ほど低く見積もる

② 現役年数と老後年数

 一番の老後対策は働き続けることです。

 現役年数を伸ばして、稼ぐ期間を延ばすこと大事なポイントです。

 老後年数は、長く見積もるくらいでちょうど良い。(人生100年時代ですし。)

③ 老後の定期収入

 老後の生活費のベースとなるのは年金です。年金定期便で確認できる方は、より精度を高めた計算が出来ます。

 30~40代の世代は、低く見積もって世帯手取りの3~4割程度にした方が無難です。

④ 現在の資産額

「物価変動(インフレ)=賃金変動=運用利回り」を前提にしています。

山崎さんは、「将来の運用益をあてにして、現在の支出が過剰(貯蓄が過小)になることは、老後に向けた行動としてやってはいけないこと」と指摘しています。

また、「退職金」や「子どもの教育費」については、現在の資産額に反映させてください。

(※例えば、子どもの教育費が500万円必要なら、資産額から500万円引き算します。)

マメ助

我が家の資産運用の目的は、「将来の購買力の維持+α」だったね。

ママ助

運用益があった場合は、資産額に加えて再計算してください。

  

⑤ 必要に応じて何度も見積もる

 1度計算して、それでおしまいにはなりません。

 転職・結婚・子どもの進学など家族状況や資産運用の状況も、毎年変わるでしょう。

 家計の指針をくれる、無料のファイナンシャル・アドバイザー代わりにぜひ何度も見積もってください!

  

貯蓄率の評価目安はこれだ!

では、具体的にどれぐらいの貯蓄率なら平均的なのでしょうか?

いかに目安を示します。

◎20%以下

 →健全な家計です。稼ぐ力・貯める力のバランスが良いですね。

△20~30%

 →稼ぐ力・貯める力ともに、かなり努力する必要があります。

  生活の質に無理はありませんか?

×30%以上

 →かなり危険な状況です。今すぐ家計 or ライフプランの見直しが必要です。

   

マメ助

貯蓄率の一定の健全度の指標です。

もちろん、これが絶対的に正しいわけではありません。

必要な貯蓄率が、分かれば家計管理の対応策も打てますからね!

まとめ

いかがでしたか?

現在のご自身の現状から、今後のリタイア・セミリタイア(FIREを含む)計画の貯蓄目標の参考にしてはいかがでしょうか?

あなたの場合はどれくらいになるか、実際に公式サイトで確認してみましょう!

マメ助

いろいろな条件を当てはめて、バランスの良い貯蓄率を確認してください!

  

この記事が、皆さんの資産形成のお役に立てれば幸いです

では、良い資産形成を!

 

ブログ村の応援ポチをお願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

   

参考図書

公式サイト

「人生設計の基本公式」🔗