投資関連情報

【資産形成】外国債券が微妙な金融商品と言える2つの理由

こんにちは! マメ助です。

(Twitter@2020mamesukeFP

ブログ村の応援クリックをお願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

   

  

代表的な投資対象に、債券があります。

しかし、個人の資産運用では、外国債券クラスへの投資は微妙な資産クラスです。

今回は、その理由を解説したいと思います。

   

理由

1.債券の目的は、将来の購買力の維持だから。

 (債券リターン ≒ 物価上昇率)

2.長期的には2国間通貨の金利差は、為替変動によって、損も得もなくなるから。

 (金利平衡説)

結論

日本円で生活している個人投資家にとって、資産全体のリスクを抑える債券クラスは、

「個人向け国債(変動10年)」 or 「現金(日本円)」

で、十分その目的を達成できます。

 

さらに言えば、

個人投資家が最も集中すべきことは、

「全金融資産のうち、株式投資の配分割合」

を決めることです。

マメ助

それでは、解説していきます♪

   

理由その1. 債券の目的は、将来の購買力の維持だから

投資の鉄人(日経プレミアシリーズ)では、今後の長期的な債券の期待リターンを実質0%(ほぼ物価上昇率と同じ程度)と予測しています。

  

事実、過去の国内債券と米国債券のリターンは、どちらも物価上昇率と同じ程度のリターンです。

株式と債券の期待リターンは次のような予測がされています。

 株式の期待リターンは、物価上昇率+実質経済成長率

→ 株式の実質期待リターン:3~4%

 債券の期待は、物価上昇率と同じくらい

→ 債券の実質期待リターン:0%

   

マメ助

債券クラスより株式クラスの方が、期待リターンが高いのは、会社の成長(株主資本の増加)などを盛り込んだ、リスクプレミアムが上乗せされているからだね。

  

理由その2

長期的に2国間通貨の金利差は、為替変動によって損も得もなくなるから。(金利平衡説)

外国債券を購入する場合、必ず外国為替市場で外貨を購入する必要があります。

 

外国の債券利回りと日本の債券利回りについて、円ベースで評価した場合、

見かけ上の利回りが高い(ように見える)外国通貨建て債券は、円建てに再評価するとそのリターンは必ず高くなるとは言えません。

 

その理由は、「長期的に金利が高い」=「長期的に通貨は安くなる(今ならドル安・円高になる)」からです。

これを金利平衡説といいます。

マメ助

もちろん、10年以上の長期的な話です。

    

金利平衡説によると、長期的にみて、

円ベース評価では「外国の債券利回り」≒「日本の債券利回り」

となります。

 

つまり、外国債券の期待リターンは、国内債券の期待リターンと同じになるのに、為替リスクの分だけ、価格のブレが大きくなります。

(資産全体のリスクが高くなります。)

  

全世界株式インデックス・ファンドを購入すれば、為替リスクを十分取ることになります。

それに加え外国債券を購入し追加の為替リスクを取ると、資産全体のリスクが高くなる & 期待リターンは低くなります。

リスクを抑える目的なら、日本債券・現金(円)を保有すればよいと考えられます。

  

  

まとめ

資産全体のリスクを低く抑えること期待しているのに、

為替リスクの分だけ、リスクが高くなる外国債券は、

日本円で生活する個人投資家にとって、微妙な金融資産です。

(しかも円ベース評価の利回りは国内債券と同じになる。)

  

もちろん、万人に当てはまる投資の正解はなく、また自分のお金は自由に使えばいいので、外国債券を購入しても全然問題ありません。

 

ただ、日本円で生活している個人投資家にとって、資産全体のリスクを抑える債券クラスは、

「個人向け国債(変動10年)」 or 「現金(日本円)」

で、十分その目的を達成できます。

 

なぜ個人向け国債(変動10年)がオススメなのか?次の記事を参考にしてください。

【資産運用】個人向け国債(変動10年)は反則級の金融商品!?この記事では、次の内容を解説します。 全資産のリスクを抑える方法 「個人向け国債(変動10年)」は、リスクを抑える反則級の金融商品...

    

結論

個人投資家が集中すべきことは、

「全金融資産のうち、株式投資の配分割合」

を決定することです。

   

なお、株式投資=全世界株式インデックス・ファンドを購入することが、合理的です。

この記事が、皆さんの資産運用の役に立てば幸いです。

では、よい資産運用を!

    

最終的な投資判断は、各自で決めてください。投資は自己責任でお願いします。

   

良ければ、クリックで応援してください↓

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

  

   

関連記事です。    

「リスク資産」(=株式インデックス運用)で選ぶポイントは、「低コスト」です。

金融庁が選ぶ、【金のなる木】の苗木カタログから1つ選べば間違いありません。

金融庁が公開中!【金のなる木】の”苗木”カタログ!?投資詐欺・ぼったくり商品を回避するために知っておくこと。 こんにちは! マメ助です。(Twitter@2020mamesukeFP) (皆様の応援クリックが励みになります!↓) ...

「金のなる木」の”苗木”カタログからどうやって商品を選べば良いか?悩んだときはこの記事を参考にしてください。

【資産運用】株式インデックス・ファンドは何を買えばいい?~外国株式と国内株式の投資配分を悩んだときに~全世界株式(日本を含む)1本がおススメなのか?その理由を解説します。我が家の状況を紹介します。...

つみたてNISAの拠出可能期間が5年間(2042年まで)延長されたお話です。

https://vegetables-asstes.com/2021-0602-nisa/3200/

    

参考図書