【資産配分】2023年11月末のポートフォリオ

マメ助&ママ助のプロフィール
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは! マメ助です。(Twitterのフォローをお願いします!→@2020mamesukeFP🔗)

皆様の応援が励みになります!ブログ村の応援ポチお願いします!↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

2023年11月末の我が家のポートフォリオを紹介します。我が家の資産運用のルールに年2回(6月と12月)のリバランスをします。今回は資産配分を確認するだけとなります。

マメ助
マメ助

基本確認するだけですが、5ポイント以上の乖離があればリバランスを考えます。

この記事の内容

2023年11月末の資産配分は、リスク資産:現金(債券)=85%:15%

資産配分は、許容範囲内→リバランスなし!

2023年11月末の組み合わせポートフォリオは?

スポンサーリンク
資産配分は?

現状の確認

対象月リスク資産
(投信+REIT)
現金(債券)備考
2023年11月85%15%リバランスなし
(2023年10月)(87%)(13%)(リバランスなし)
目標資産配分(90%)(10%)±5%ポイントでリバランス

投資用資産の配分

「リスク資産(株式投信+REIT):現金(債券) = 85%:15%」

許容範囲内で運用されています。

「リスク資産:現金=90%:10%」「リバランスは、現金比率が10%から±5ポイント乖離したら実施」というルールを設けています。

そのため、今月も資産配分が保たれていることを確認できました。11月の株式市場は堅調だったので、運用金額は100万円近く上昇しました

しかし資産配分は想定の範囲内。この資産配分をキープしつつ、毎月愚直に積立投資を継続します。今後、どんな株式市場になろうとも、しっかり資産配分・毎月積立投資に注力し、市場に居座り続けます。

参考:昨年末(2022年12月末)の資産配分は?

ちなみに昨年末(2022年12月末)の資産配分を下のとおり。

このときは、リスク資産の配分が+5ポイント以上の乖離となったので、きっちり現金比率10%に調整しました。

「投資可能な現金は、全世界株式インデックス・ファンドへ速やかに置き換える」

これが、我が家のルールです。

ポートフォリオは?

現状の資産クラスは?

現在の投資している対象を可視化すると、下のとおり。(現金・債券は除きます。)

2023年11月(2023年10月)増減
日本株式8.6%12.8%-4.2%
米国株式53.9%50.4%+3.5%
先進国株式
(除く米国株式)
22.0%20.5%+1.5%
新興国株式12.8%12.9%-0.1%
J-REIT2.7%3.4%-0.7%

『先進国株:新興国株:REIT』

=『84.5%:12.8%:2.7%』

全世界株式インデックス・ファンドを中心に、日本株式や不動産投資信託(REIT)も保有しています。どの国や地域にも資産クラスにも偏らず、まんべんなく投資している感じです。個人的には、結構いいバランスだなと感じます。

マメ助
マメ助

2024年の新NISAでは、特定口座で保有している商品を売却して、順次乗り換えていく予定ですので、2024年は大きく割合が変化する見込みです。

今後もどうなるか分からない株式市場ですが、愚直に市場に居座り続けましょう!

それではまた!

いつも本当にありがとうございます!

皆様の応援が励みになります!ブログ村の応援ポチお願いします!↓

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村
資産形成の必需品!

オススメ書籍

資産運用に必要な考え方やどんな商品を選べばよいか、よく分かる一冊です。

インデックス運用では、必読書です!

関連記事です。

「リスク資産」(=株式インデックス運用)で選ぶポイントは、「低コスト」です。金融庁が選ぶ、【金のなる木】の苗木カタログから1つ選べば間違いありません。

合わせて読みたい
金融庁が公開中!【金のなる木】の”苗木”カタログ!?投資詐欺・ぼったくり商品を回避するために知っておくこと。
金融庁が公開中!【金のなる木】の”苗木”カタログ!?投資詐欺・ぼったくり商品を回避するために知っておくこと。

購入する間違いのない「リスク資産」を決めたらあとはほったらかし運用で問題ありません。その理由を解説しています。

合わせて読みたい
【資産運用】ほったらかし投資は、個人が行う最適で・心地よい資産形成方法なのか?(その理由を解説)
【資産運用】ほったらかし投資は、個人が行う最適で・心地よい資産形成方法なのか?(その理由を解説)

「一括投資か?」、「積立投資(ドルコスト平均法)か?」についての記事です。実は、”投資の売買方法”に優劣はなく、どちらも同じ主張をしています^^

合わせて読みたい
【資産運用】ドルコスト平均法(時間分散投資)は不利?有利?~知っていると役に立つドルコスト平均法の本当の意味~
【資産運用】ドルコスト平均法(時間分散投資)は不利?有利?~知っていると役に立つドルコスト平均法の本当の意味~

  

人気の記事!

当ブログは資産運用に役立つ情報を紹介していますが、あらゆる意思決定や最終判断は、ご自身の責任において行われますようお願いします。ご自身の投資で損害が発生した場合、当ブログの管理人は一切、責任を負いません。

プロフィール
マメ助
マメ助
当ブログの管理人
30代会社員・医療技術系!
家計管理×投資エンジンをフル活用してお金の不安なく、ゆる~く・楽しく・暮らします!

モットーは「一人ひとりの幸せが、家族の幸せ!」

自家製野菜を育てる&読書&動物も大好き、家計財務の責任者!(CFO)

資産形成・家庭菜園・乗馬歴ともに10年以上!

私たち家族の「お金・家族・趣味」の「体験と学び」を配信します!
Twitter(フォローお願いします!)
記事URLをコピーしました