投資関連情報

【資産運用】ドルコスト平均法(時間分散投資)は不利?有利?~知っていると役に立つドルコスト平均法の本当の意味~

こんにちは! マメ助です。(Twitter@2020mamesukeFP🔗)

(皆様の応援クリックが励みになります!↓)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

    

この記事で分かること

  • ドルコスト平均法 / 一括投資などの投資手法に、有利不利もない
  • 現時点で、「投資可能な資金をただちに投資する」ことが、最も効率的な投資手法
  • ドルコスト平均法は、毎月収入が見込める現役世代との相性が良い、継続しやすい投資手法
  • 投資可能な資金を決めるのが「リスク許容度」であり、運用の成否は「資産配分」で決まる

突然ですが問題です。

毎月の投資資金が3万円で、次の投資信託に積立投資した場合の「平均取得コスト」はいくらになるでしょうか?

  

 

 

 

 

8,000円と答えた人は、間違いです!

 

 

 

 

正解は、7,500円です。

それはなぜか?この記事での最も伝えたいテーマです。

では解説していきます。

マメ助

最後までご覧いただき、資産形成のヒントにしていただければ幸いです。

ドルコスト平均法は有利?不利?

結論から言うと、投資の売買方法に有利も不利もありません。

 

なぜか?

多くの社会人は、毎月の給料から生活費に使い、得られた収入の一部で貯蓄や投資を行います。

そのため、「①毎月得られる収入から継続的に投資を行う場合」、投資金額の多寡を問わず「積立投資=ドルコスト平均法」が一般的となります。

 

一方、「②ボーナスのようなまとまった資金・すでにある資金を投資に回す場合」は、「積立投資=ドルコスト平均法」で良いのでしょうか?

この点は、次の意見が参考になります。

Aさん

長期的には市場は右肩上がり。

だから、まとまった資金をドルコスト平均法で買っていたら機械損失だ!

この意見は、まさにそのとおりです。

実は同じことを言っている

実は①と②は、同じ主張をしているにすぎません。

「今現時点で、投資可能な資金をただちに投資する。」

 

これです。

投資の売買方法(ドルコスト平均法)は、関係ないのです。

 

なお、投資可能な資金を決めるのが「リスク許容度」であり、投資先は「資産配分」で決まります。

(すべて株式に投資する必要はありません!)

ドルコスト平均法の本当の意味(調和平均)

さて、冒頭の問題は次の計算方法で求められます。

  • 投資金額の合計は、6万円です。(3+3=6万円)
  • 保有口数の合計は、8口です(3+5=8口)

ここから「平均取得コスト」は、60,000円÷8口=7,500円となります。

 

8,000円と答えた人は、

「(10,000円+6,000円)÷2

=8,000円」と計算したと思います。

8,000円は、「平均価格」を求める方法です。

学問として別名がある

「平均価格」とは、別名「相加平均」といいます。

一方、「平均取得コスト」とは、別名「調和平均」といいます。

 

さて突然ですが、高校の数学では「相加平均≧相乗平均」を証明する問題が出題されましたね。

(懐かしいですね。嫌な思い出です。)

 細かいことは省略しますが、実は「相加平均≧相乗平均≧調和平均」という関係が成り立ちます

 

「相加平均≧相乗平均≧調和平均」

つまり、ドルコスト平均法(調和平均)により毎回の購入価格が異なる状況で、積立投資を続けると、

「平均価格(=相加平均)」>「平均取得コスト(=調和平均)」となり、

「平均価格よりも、平均取得コストが“常に“低くなる」ため、長期にわたって続けることで、利益が出やすい効果を得られます。

これがドルコスト平均法の本当の意味です。

ドルコスト平均法の注意点(2つ)

 

「長期にわたって続けることで、利益が出やすい効果」を得ることがドルコスト平均法の本当の意味ですが、注意点もあります。

1.日々の価格を気にして買うのを止めてしまう→NG

2.投資信託ではなく、個別株式でドルコスト平均法を用いる→NG

 

1.日々の価格を気にして買うのを止めてしまう→NG

ドルコスト平均法は、「今が買い場であるか否か?」といった市場の状況を判断する必要がありません。等間隔で購入し続けることで、ドルコスト平均法の効果が発揮されます。

途中で積立投資をやめるとその効果を得られなくなります。

 

2. 投資信託ではなく、個別株式でドルコスト平均法を用いる→NG

投資信託は、たくさんの株式の詰め合わせで、それが0円になる可能性は非常に低いため、価格が低ければたくさん購入可能となり、絶好の買い場となります。(平均取得コストが下がる)

 

一方、個別株式は値下がりを続け、ついには0円(=倒産)になる可能性があります。

価格が下がり続けるだけで、価格が上昇しなければ積立投資は成功しません。

そのため、個別株式ではドルコスト平均法(ナンピン買い)は、やってはいけません。

まとめ

いかがでしたか?

知っていると役に立つドルコスト平均法の本当の意味について、解説しました。

ドルコスト平均法は有利?不利?という意見には、次のように解答します。

投資の売買方法に有利も不利もなく、「今現時点で、投資可能な資金をただちに投資する。」ことが重要です。

ドルコスト平均法(調和平均)によって、「平均(購入)価格よりも、平均取得コストが“常に“低くなる」ため、相場に関係なく長期にわたって続けることで、利益が出やすくなる効果があります。

ただし、この効果を得るには、次の2点に注意します。

  1. 日々の価格を気にして買うのを止めてしまう→NG
  2. 投資信託ではなく、個別株式でドルコスト平均法を用いる→NG

  

この記事が、皆さんの資産形成のお役に立てれば幸いです。

では、良い資産形成を!

 

ブログ村の応援ポチをお願いします↓

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

   

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

   

参考書籍

この記事では、次の参考にしています。