投資関連情報

【2021年の振り返り】各資産クラス別リターン(米ドル換算・円換算)

こんにちは! マメ助です。(Twitter@2020mamesukeFP

(皆様の応援ポチが励みになります!↓)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

   

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

   

この記事で分かること

  • 2021年の金融市場の振り返り
  • 2014年~2021年の各資産クラス別リターン<米ドル換算>
  • 2014年~2021年の各資産クラス別リターン<円換算>
  • 米ドル/円の為替相場の動向によってもリターンは変わる。
  • 2022年末の市場予測(三井住友トラスト・アセットマネジメントから引用)
  • マメ助ママ助の投資方針

  

マメ助

最後までご覧いただき、資産運用のヒントにしていただければ幸いです。

    

2021年の金融市場の振り返り

2021年も米国株式市場を中心に大きく上昇しましたね。

実際のところ、どうだったのでしょうか?

三井住友トラスト・アセットマネジメントの報告書から2021年の金融市場の振り返りを引用します。

2021年は、デルタ株やオミクロン株など新型コロナ「変異株」の感染が拡大したものの、(中略)各国で経済活動の正常化が続きました。一方、需要の急回復や供給制約の長期化に加え、エネルギー価格が高騰、欧米ではインフレが急加速しました。(中略)年間では国内債券を除く各資産がプラスの収益率となりました。コロナ禍で未曾有の金融緩和が続く中、経済再開による企業業績の大幅な改善を受けて、株式やREITなどのリスク資産に資金が向かいました。

出典:2021年各資産収益率、株式/為替市場の振り返り

 

マメ助

企業業績の改善を受けて、金融緩和で余っている資金が、リスク資産に雪崩れ込んだ。

そんな感じのようです。結構、資産が増えた人も多いのではないでしょうか?

 

次は具体的な数値で各資産別リターンを確認します。

 

2014年~2021年の各資産クラス別リターン<米ドル換算>

(図1)各資産クラス別リターン<米ドル換算>

(図1)は、J.P.Morgan アセットマネジメント「Guide to the Markets」Japan_1Q 2022🔗のデータを元に作成した図です。

2021年は、図の一番右側です。

最も値上がりした資産は、「米国REIT」で、約41%でした。

一方、値下がりした資産は、「先進国国債」で、▲7.0%でした。

 

早期利上げ観測のため、先進国国債の値下がりが目立ちました。 

マメ助

図がとてもカラフルですね(笑)

特に毎年どの資産クラスが良いのか?といった傾向も無いように思います。

値動きが激しい資産クラスは分かりますが、次の年に「どの資産クラスが一番になるか?」といった予想は、非常に難しいこと分かります。

 

次は、<円換算>にした図を確認します。

参考:各資産クラスの指数

ここに記載している各資産クラスの指数は、次のとおりです。

 

2014年~2021年の各資産クラス別リターン<円換算>

(図2)各資産クラス別リターン<円換算>

(図2)は、J.P.Morgan アセットマネジメント「Guide to the Markets」Japan_1Q 2022🔗のデータを元に作成した図です。

資産クラス順は変わりありませんが、為替相場の影響で収益率の値が、<米ドル換算>と異なっていることが分かりますね。

2021年は「米ドル高・円安」傾向でした。

その影響が収益率の値にも大きく影響しています。

マメ助

<ドル換算>では、マイナス収益率だった4つの資産クラスが、<円換算>では全てプラスの収益率になっていますね。

為替リスクって以外と馬鹿にできません。

  

為替リスクが投資収益に及ぼす影響は、次の記事で解説しています。

【為替リスクに要注意!?】為替レートを考慮した場合の本当の投資リターン早読み表 こんにちは! マメ助です。(Twitter@2020mamesukeFP) (皆様の応援ポチが励みになります!↓) にほ...

 

米ドル/円の為替相場の動向によってもリターンは変わる。

日本人から見た2021年の収益率

すべての資産クラスの収益率がプラスとなりました。

特に、「米国REIT(57.5%)、先進国株式(36.4%)」は、凄まじい収益率です。

 

アメリカ人から見る2021年の収益率

日本人から見た2021年の結果は、「日本株式(12.7%)、J-REIT(20%)」でしたが、

アメリカ人から見た2021年の結果は、「日本株式(1.2%)や J-REIT(7.6%)」となります。

また、新興国株式や先進国国債は値下がりしました。

マメ助

日本企業の中でも業績回復傾向が続いていますし、今の「米ドル高・円安」傾向が続けば、アメリカ人から見る日本株式市場は、米国市場と比べ割安に感じると思いますが・・・

やっぱり、外国人投資家から見ても、日本市場は色々とあるんでしょうね(笑)

スポンサーリンク

2022年末の市場予測(三井住友トラスト・アセットマネジメント予想から引用)

(図3)2022年末の市場予測

(図3)は、三井住友トラスト・アセットマネジメントの資料から引用🔗

カギを握るのは米国のインフレ動向・・・

新型コロナの実投資は楽観的で、2022年にかけて収束となれば、各国(除く日本)で「金融政策の正常化」が加速するかがカギとなりるようです。

また、米国のFRB(米連邦準備理事会)の利上げ・テーパリングも、市場に影響しそうですね。

 

マメ助ママ助の投資方針(2022年)

「つみたてNISA」や「iDeCo」の積立投資を中心に、愚直にインデックス運用。

とはいえ、金融のプロでさえ予測が難しい株式市場の動向を、素人私が予測したところで、ギャンブルの予想と変わりありません(笑)

【2022年の投資方針】

  • 「つみたてNISA」や「iDeCo」の拠出は、満額を目指す!
  • 米国株式を中心とした全世界株式インデックス・ファンドに積立投資。
  • REIT ETFを、毎月定期購入。
  • 投資用資産のうち「リスク資産:無リスク資産」=「90:10」~「70:30」の配分でキープ。

 

 

高配当株投資については、拠出の優先度は低め。

米国株ETF(HDV、SPYD)も一部保有していますが、こちらは気が向けが買う程度です。

また、日本企業の株式も投資していますが、横目で報告書などをウォッチしつつ、拾えるなら拾う。

そんな中途半端な姿勢で向き合っていこうと思います(笑)

マメ助

ということで、方針はこれまでどおり。

収入の一部を毎月愚直に積立投資。市場に居座り続けること。

 

まさに「航路を守れ!」ですね。

まとめ

いかがでしたか?

この記事では次の点を紹介しました。

  • 2021年の金融市場の振り返り
  • 2014年~2021年の各資産クラス別リターン<米ドル換算>
  • 2014年~2021年の各資産クラス別リターン<円換算>
  • 米ドル/円の為替相場の動向によってもリターンは変わる。
  • 2022年末の市場予測(三井住友トラスト・アセットマネジメントから引用)
  • マメ助ママ助の投資方針

  

2022年の我が家の運用方針

これまでどおりに・・・

  • 「つみたてNISA」や「iDeCo」の拠出は、満額を目指す。
  • 収入の一部を毎月愚直に積立投資
  • 市場に居座り続けること。

 

マメ助

世界経済が平常運転を続けている限り、投資方針に変更はないですね!

 

この記事が、皆さんの資産形成のお役に立てれば幸いです

では、良い資産形成を!

ブログ村の応援ポチが励みになります↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

   

参考書籍

この記事では、次の参考にしています。

  

  

 

関連記事です。

為替リスクは、短期的に本当に大きな影響を与えます。知っておくと良いですよ^^

【為替リスクに要注意!?】為替レートを考慮した場合の本当の投資リターン早読み表 こんにちは! マメ助です。(Twitter@2020mamesukeFP) (皆様の応援ポチが励みになります!↓) にほ...

つみたてNISAって何?という方は、こちらの記事を確認してください。

金融庁が公開中!【金のなる木】の”苗木”カタログ!?投資詐欺・ぼったくり商品を回避するために知っておくこと。 こんにちは! マメ助です。(Twitter@2020mamesukeFP) (皆様の応援クリックが励みになります!↓) ...