投資関連情報

【資産運用】全世界株式型インデックス・ファンド、買うならどっち派??

マメ助&ママ助のプロフィール

こんにちは! マメ助です。(Twitter@2020mamesukeFP🔗)

(皆様の応援ポチが励みになります!↓)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

「老後2,000万円問題」で有名になった国の報告書でも、長期・積立・分散投資の重要性が説かれています。

現代社会は、銀行の貯金だけで資産形成するのは至難の業で、複利の力を活用した長期・分散・積立投資にも目を向ける必要があります。

マメ助

長期・分散・積立投資の代表選手は、やっぱりインデックス・ファンド(投資信託)だよね!

  

そのインデックス・ファンドの中でも、全ての個人投資家たちの長期的な資産形成の軸となりえるのが、先進国から新興国まで全世界の株式に投資できる「全世界株式インデックス・ファンド」です。

マメ助

簡単に言えば、株式市場の相場予測をしなくても、世界経済が成長すれば、資産も成長する投資方法です。

   

様々な国で、自国民の年金基金を運用している各国機関投資家たちも、同じように長期分散投資で、年金基金を運用しています。

この記事では、その全世界株式型インデックス・ファンドの中でも、特に低コストの商品2つについて、紹介していきたいと思います。(2021年7月末時点)

スポンサーリンク

SBI・全世界株式インデックス・ファンド【愛称】雪だるま(全世界株式)

FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスという全世界の株価指数への連動を目指した投資信託

運用コスト(信託報酬)が、年0.1102%程度

つみたてNISA対象商品

純資産残高は、2020年に約50億円から約300億円と、約6倍に増加

    

SBI・全世界株式インデックス・ファンド【愛称】雪だるま(全世界株式)は、FTSE(フッツィー)グローバル・オールキャップ・インデックスという全世界の株価指数への連動を目指した投資信託です。

米国株を中心とした大型株が大きなウエイトを占めていますが、中型株と小型株も約24%含まれています。

FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスは、世界の投資可能時価総額の約98%をカバーし、中小型株までしっかり含まれているのが特徴です。

マメ助

世界の投資可能時価総額の約98%もカバーしているなんて、まさに地球の経済に丸ごと投資できる投資信託ですね!

   

※米国株ETF「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)」も同じインデックスに連動しています。

日々かかる運用コストである信託報酬は、年0.1102%程度と今のところ全世界株式インデックス・ファンドの中で、最も低コストです。(2022年4月30日時点)

純資産残高は、約700億円に増加するなど、資産を着実に増やしています。

純資産残高:約700億円(2022年4月30日現在)

運用会社:SBIアセットマネジメント

償還日:無制限

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックスという全世界の株価指数への連動を目指した投資信託

運用コスト(信託報酬)が、年0.1144%程度

つみたてNISA対象商品

純資産残高は、2020年に116億円から2,360億円と約20倍に増加

   

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)は、MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックスという全世界の株価指数への連動を目指した投資信託です。

MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックスは、世界の投資可能時価総額の約84%をカバーし、米国株を中心とした大型株の割合がより大きいのが特徴です。

そのため、中小型株の割合が約15%となっています。(前述のFTSEは、中小型株を約24%含む)

日々かかる運用コストである信託報酬は、年0.1144%程度と、今のところ全世界株式インデックス・ファンドの中で、2番目に低コストです。(2021年7月時点)

純資産残高は、2,360億円に増加するなど、大幅に資産を増やしています。

純資産残高:約2,360億円(2021年7月30日現在)

運用会社:三菱UFJ国際投信

償還日:無制限

   

まとめ(どちらも甲乙つけがたい)

SBI・全世界株式インデックス・ファンド【愛称】雪だるま(全世界株式)と、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)は、どちらも全世界株式への長期・分散・積立投資に適した王道インデックス・ファンドです。

マメ助

好みで選んで問題ないと思いますよ。

マメ助は、つみたてNISA枠で、SBI・全世界株式インデックス・ファンド【愛称】雪だるま(全世界株式)に、投資しています。

ママ助

私は、つみたてNISA枠で、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)に、投資しています(笑)

    

長期的な資産形成を目的とした積立投資は、特定の国や地域の株式ではなく、世界全体の株式に広く分散投資することが、大切です。

2021年の投資計画に、コストも安く&つみたてNISA対象商品である、2つのインデックス・ファンドのうち、どちらかを購入してはいかがでしょうか?

この記事が、皆さんの資産形成のお役に立てれば幸いです。

では、良い資産形成を!

ブログ村の応援ポチをお願いします↓

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

最終的な判断は、各自で決めてください。

より詳しく知りたい方は、国税庁HPや専門家に確認してください。

くれぐれも自己責任でお願いします。

参考図書

 

 

人気の記事!

当ブログは資産運用に役立つ情報を紹介していますが、あらゆる意思決定や最終判断は、ご自身の責任において行われますようお願いします。ご自身の投資で損害が発生した場合、当ブログの管理人は一切、責任を負いません。

プロフィール
マメ助
マメ助
当ブログの管理人
30代会社員・医療技術系!
家計管理×投資エンジンをフル活用してお金の不安なく、ゆる~く・楽しく・暮らします!

モットーは「一人ひとりの幸せが、家族の幸せ!」

自家製野菜を育てる&読書&動物も大好き、家計財務の責任者!(CFO)

資産形成・家庭菜園・乗馬歴ともに10年以上!

私たち家族の「お金・家族・趣味」の「体験と学び」を配信します!
Twitter(フォローお願いします!)
記事URLをコピーしました