【お金(資産形成)】

2866 グローバルX 米国優先証券ETF

こんにちは! マメ助です。

(Twitter@2020mamesukeFP

ブログ村の応援ポチをお願いします↓ 

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

 

東証マネ部!で新しい上場投資信託(ETF)の紹介記事がありました。

2022年9月30日上場 2866:グローバルX 米国優先証券 ETF(新しいタブで開きます)

https://money-bu-jpx.com/news/article040499/

 

グローバルX社が、米国に上場しているETF(ティッカーシンボル:PFFD)に実質的に投資するものです。

https://globalxetfs.co.jp/funds/pffd/

同じような商品に、ブラックロック社のETF、iShares US Preferred Stock(ティッカーシンボル:PFF)があります。

https://www.blackrock.com/jp/individual/ja/products/239826/ishares-us-preferred-stock-etf

これまでは、PFFD、PFFどちらも米国市場で、直接ETFを買い付ける必要がありました。

9月30日から上場される(2866)は、優先証券を対象とする国内初のETFで、円建てで米国の優先証券に投資できるものです。

 

優先証券とは?

マネックス証券で分かりやすい解説があるので引用します。

優先株式とは、株式と債券の中間に位置する有価証券のことです。優先証券やハイブリッド証券などとも呼ばれており、企業の配当の支払いにおいて、普通株式よりも優先される株式です。配当の支払いにおいては有利な扱いを受ける株式ではあるものの、株主総会での議決権はありません。

https://info.monex.co.jp/news/2019/20190802_01.html

 

マメ助

株式と債券を掛け合わせたような商品とも言われています。特徴は2つ。

①普通社債よりも、比較的高い利回り(5~6%)

②普通株式よりも、相対的に小さい価格変動幅(ボラティリティ)

  

優先証券ETFは、そういった特徴を備えた優先株式へ分散投資する商品です。

また、代表的な米国株式指数S&P500と異なる値動きとなりやすいので、分散投資の手段として活用されることもあるようです。

 

経費率は?

主な3つの優先証券の経費率は、次のとおりです。

ティッカーシンボル経費率
PFF0.46 %
PFFD0.23 %
28860.255 %(税込0.2575%)程度
表1 優先証券ETFの経費率の比較

 

運用実績は?

7月末時点で、年初来▲10~12%(ドルベース)の値下がりとなっています。

設定来では、+3~4%(ドルベース)となっています。

 

大きく資産を増やす商品ではないので、投資目的を明確にしたいですね。

どちらかと言えば、債券よりもリスクを取っていいので利回り(インカム)を狙う人向けの商品特性がある気がします。

 

まとめ:商品の特徴をよく知り、投資目的に合った商品を購入しよう!

今回は、国内初の優先証券ETF(2866)を取り上げました。

優先証券は、債券と株式を掛け合わせたような金融商品です。

企業の配当の支払いでは、普通株式よりも優先される株式です。

しかし、配当の支払いでは有利な扱いを受ける証券ですが、株主総会での議決権はありません。

 

その特徴は、主に2つ。

①普通社債よりも、比較的高い利回り(5~6%)

②普通株式よりも、相対的に小さい価格変動幅(ボラティリティ)

主にインカム・ゲインを狙う商品で、株式のようなキャピタル・ゲインは期待できません。

 

債券よりもリスクを取っていいので利回り(インカム)を狙う人向けの商品かもしれませんね。

マメ助

我が家は、まだまだ資産形成期。

株式インデックス・ファンドを中心とした長期的な資産形成をしていますので、あまり成長力のない商品には投資しない方針です。

  

将来的には、資産を守りながら活用したタイミングで、こういった商品があれば分散投資の選択肢として検討する。

そういった温度感で関わっていきたいと思っています。

 

この記事が、皆さんの資産形成のお役に立てれば幸いです。

では、良い資産形成を!

 

ブログ村の応援ポチをお願いします↓

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

   

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

  

   

最終的な投資判断は、各自で決めてください。

くれぐれも自己責任でお願いします。