家計の管理

【お金(資産形成)】積立投資の前に、知ってほしい3つの話

マメ助&ママ助のプロフィール

こんにちは! マメ助です。(Twitter@2020mamesukeFP🔗)

(皆様の応援ポチが励みになります!↓)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

今回の記事では、この積立投資を始める前に知ってほしい3つの話を紹介します。

積立投資を始める前にぜひ知っておきたい内容を紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください!

こんな方に!

  • これから資産運用を始めたい方に
  • 強い家計づくりを見直したい方に

  

本記事の内容は次のとおりです。

  1. 大きなゴールと小さなゴールを決めるよう
  2. 強い家計づくりを始めよう
  3. 積立投資は、ほったらかし運用が大前提

   

マメ助
マメ助

最後までご覧いただき、資産形成のヒントにしていただければ幸いです。

   

スポンサーリンク

大きなゴールと小さなゴールを決めよう

資産運用の前に、目標を決める!

積立投資を実施する前に、知ってほしいことの1つ目がゴール(目的)を決めることです。

あなたの貯金や投資のゴールは明確でしょうか?

「なぜあなたは、お金を貯めたいと思っているのでしょうか?」

「いつまでに、どの程度お金を貯める必要がありますか?」

 

例えば、こんな目標がありますね!

Aさん

私は「住宅購入のため」に、5年後に頭金500万円を目指して貯めています!

Bさん

「老後のため」に、60歳までに3,000万円は貯めたいな!

けど、その前に「子どもの教育資金のため」に、あと15年で500万円くらい必要かも? 

  

きっと人によっていろいろなゴールがあると思います。

しかし、いきなり2,000万円~3,000万円の大きな金額を貯めようとすると大変です。

始めは、小さなゴールとして、一カ月の収入の10%を貯蓄すること(貯蓄率10%)を目指しましょう。

   

そして、貯蓄率15%・・・、20%・・・、と少しづつ貯める力をつけていきましょう。

貯蓄率が15%以上を安定して貯められるようになったら、次のステップです。

  

次のステップは、生活防衛資金を貯める!

1年間の生活費(生活防衛資金)を貯めるのを次のゴールにします。

1か月で生活費が25万円の家計の場合は・・・

1年間の生活費は、300万円です。

  

300万円も貯めることができたら、失業や急な病気になったとしても、1年間の生活費に困ることはありませんね。

マメ助

ゲーム感覚で楽しみながらお金は、貯められます!

大丈夫!一緒に楽しく蓄財していきましょう!

  

強い家計づくりを始めよう

貯蓄習慣がついたら資産形成の開始タイミング!

お金を貯めるゴールを決めたら、次は資産を育てるために、その基礎となるあなたの強い家計づくりを始めましょう。

強い家計とは、「積立投資をする原資(いわゆる種銭)をひねり出す家計」を言います。

「収入の範囲の中で何とか生活をするので精一杯」

「そんなの収入が多い家庭だから出来るんだよ。」

という声が聞こえてきそうです。

  

しかし、収入の多い少ないにかかわらず、普段から種銭をひねり出す体質は、どの家計でも実現可能です。

少額でもよいので、貯金感覚で積立投資を始めて、コツコツと資産を育てていくことが大切です。

  

強い家計づくりのポイント(3つ)
強い家計づくりのポイントは次の3つです。
  1. 生活で必要なものを見極め、無駄遣いを抑え、シンプルな生活を心掛ける
  2. 毎月の収入の中で生活をして、お金を残してしっかり蓄財する
  3. 残したお金をしっかり増やす

  

何度も言いますが、お金を増やす方法は、いまも昔も次の3つだけです。

  1. 働いて収入を得る(収入を増やす)
  2. 倹約して支出を減らす
  3. 資産運用(積立投資)によってお金を増やす

  

(①収入―②支出)を常にプラスにして、③その種銭を積立投資によって増やしていく!

  

これが、強い家計づくりの基本であり、全てです。

これからの時代、「収入の範囲の中で何とか生活をする家計」だけでなく、①②③すべてバランスよく実行していきましょう。

きっと、どんな時代でも生きていけます。

  

積立投資は、ほったらかし運用が大前提

いざ!積立投資!

積立投資は、株式市場(投資信託も含む)への投資を指しますが、株式市場は日々値動きが伴います。

しかし、日々の値動きに惑わされないこと。

もっと分かりやすく言うと、貯金と同じように積立投資を忘れるくらいが、個人投資家にとって適切な距離感です!

ここが積立投資を長く続けるポイントです。

  

銀行貯金も立派な資産運用!

我が家も含め、多くの人は貯めたお金を銀行に預けていると思います。

その銀行に預けたお金は、実は立派な資産運用の一つです。

しかし、銀行の定期預金の積立額を毎日確認する人は、きっといないと思います。

残高を確認するといても、給料日に積み立てるときぐらいでしょう。

  

我が家でもおススメする積立投資も同じ考え方です。

日々の値動きに惑わされない。

積立投資を始めたら忘れて、自分の仕事ややりたいことに集中しましょう。

本当に貯金感覚でできる、それが積立投資の最大の利点です。

 

積立投資=「つみたてNISA」を活用した全世界株式インデックス・ファンド1本で!

具体的に積立投資をスタートする場合は、何に投資すればいいのでしょうか?

以前、Twitterでつぶやいたことがあるので、それを参考にしてくださいね^^

 

マメ助

マイペースにコツコツ続けることが大切です!

Stay in the Market!

 

まとめ:強い家計づくりを目指そう!

いかがでしたか?

積立投資の前に知ってほしい3つの話を紹介しました。

  1. 3つのポイント大きなゴールと小さなゴールを決めるよう
  2. 強い家計づくりを始めよう
  3. 積立投資は、ほったらかし運用が大前提

  

強い家計づくりの基本は、次のとおりです。

(①収入―②支出)を常にプラスにして、③その種銭を積立投資によって増やしていく!

  

これから強い家計づくりを続けて、大きなゴールを達成しましょう!

この記事が、皆さんの資産形成のお役に立てれば幸いです。

では、良い資産形成を!

ブログ村の応援ポチをお願いします↓

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

    

関連記事です

こちらもチェック!

関連記事

「リスク資産」(=株式インデックス運用)で選ぶポイントは、「低コスト」です。

金融庁が選ぶ、【金のなる木】の苗木カタログから1つ選べば間違いありません。

「金のなる木」の”苗木”カタログからどうやって商品を選べば良いか?悩んだときはこの記事を参考にしてください。

つみたてNISAの拠出可能期間が5年間(2042年まで)延長されたお話です。

合わせて読みたい
【2022年】840万円を非課税運用!?まだ間に合う!つみたてNISAの拠出期間が延長!!
【2022年】840万円を非課税運用!?まだ間に合う!つみたてNISAの拠出期間が延長!!

人気の記事!

当ブログは資産運用に役立つ情報を紹介していますが、あらゆる意思決定や最終判断は、ご自身の責任において行われますようお願いします。ご自身の投資で損害が発生した場合、当ブログの管理人は一切、責任を負いません。

プロフィール
マメ助
マメ助
当ブログの管理人
30代会社員・医療技術系!
家計管理×投資エンジンをフル活用してお金の不安なく、ゆる~く・楽しく・暮らします!

モットーは「一人ひとりの幸せが、家族の幸せ!」

自家製野菜を育てる&読書&動物も大好き、家計財務の責任者!(CFO)

資産形成・家庭菜園・乗馬歴ともに10年以上!

私たち家族の「お金・家族・趣味」の「体験と学び」を配信します!
Twitter(フォローお願いします!)
記事URLをコピーしました