投資関連情報

【何を買う?積立投資の参考に!】ネット証券の投資信託積立件数ランキング(22年2月)

こんにちは! マメ助です。(Twitter@2020mamesukeFP

モーニングスターの公式サイトで参考になる投資信託のランキングが発表されています。

「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」がジャンプアップ=ネット証券の投信積立契約件数ランキング22年2月🔗

(皆様の応援クリックが励みになります!↓)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

   

今回は、こちらの記事にある内容に触れつつ、これから投資信託を購入しようとしている人に、私たちの実践していることを紹介します。

  

マメ助

最後までご覧いただき、資産運用のヒントにしていただければ幸いです。

    

ネット証券の投資信託の積立契約件数ランキング

(図1)ネット証券の投資信託積立契約件数ランキング
(モーニングスター公式サイトより引用)

(図1)は、2月のネット証券の投資信託積立契約件数のランキングです。

第1位、第2位は先月から変わりません。

第1位(eMAXIS Slim 米国株式(S&P500))

S&P Global Ratings社の米国株式指数(S&P500種指数)に連動する投資信託です。

 

第2位(eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー))

MSCI社の全世界株式指数(ACWI)に連動する投資信託です。

マメ助

第1位、第2位の順位はほぼ変わっていませんね。

株式投資信託の定番商品と言えます。

   

第3位以下は?

第3位と第4位は、久々にランクアップした「SBI・V・S&P500インデックスファンド」と「先進国株式インデックス・ファンド」です。

ママ助

第3位は、米国株式指数(S&P500種指数)に連動する投資信託ですね。

また第4位の投資信託は、MSCI社の日本を除く先進国株式指数(MSCI コクサイ指数)に連動する投資信託です。

  

MSCI社とは、モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(米国の企業)の会社名の略称です。代表的な株式指数を開発・提供してます。

公式サイトはこちら→https://www.msci.com/

  

MSCI オール・カントリー・ワールド・インテックス(ACWI)って??
Aさん

実際のところ、「MSCI オール・カントリー・ワールド・インテックス(ACWI)」と「MSCI コクサイ指数」って正直、よく分からないんだよね。

  

Aさんのような人のために、公式サイトから情報を引用しつつ順番に紹介していきます。

参考:MSCI社の株式指数を比較(ACWI)
(図2)MSCI社のACWIの構成内容の一覧表(2022年1月末時点)

(図2)は、MSCI ACWIの構成内容を示しています。MSCI ACWIは2つの指数から構成されています。

  1. MSCI ワールド・インデックス(先進国株式指数:1,559社)
  2. MSCI エマージング・マーケッツ・インデックス(新興国株式指数:1,406社)

  

①の先進国株式と②の新興国株式を合わせて、全世界株指数(約3,000社)を構成しています。

各市場の大型・中型株式を中心とした時価総額加重平均の約85%をカバーしているのが特徴です。

公式のファクトシートはこちら→ MSCI ACWI Index (USD)🔗

  

マメ助

米国株式の割合は、約60%を占めています。米国の構成指数(MSCI USA)は625社で構成されています。

S&P500種指数は、約500社で構成されていますので、MSCI USA指数の方が構成銘柄数が多いことが分かります。

   

積立設定のトップ10のうち、インデックス・ファンドは9本

第6位の「ひふみプラス」以外は、全てインデックス・ファンド!

積立契約件数ランキングを見ると「ひふみプラス」以外は、インデックス・ファンドです。

この傾向は、、ネット証券口座での傾向ですが、つみたてNISAが始まった2018年以降、低コストなインデックス・ファンドを購入できる環境が急速に整っていますね^^

 

マメ助家の実践は?

米国株式(S&P500、全米株式インデックス・ファンド)が人気ですが、我が家では構成銘柄数や国・地域をとことん分散したいと考えて、投資信託を選んでいます。

そのため、長期資産形成の軸となるつみたてNISAとiDeCo枠では、「全世界株式インデックス・ファンド」をメインに、毎月愚直に積み立てをしています。

 

そのうえで、絶好調の米国市場の成長をもう少し取り込みたいと考えた場合、私たちは「全世界株式インデックス・ファンド」に、「全米株式インデックス・ファンド」を特定口座でトッピングすればよいと考えています。

   

「全米株式インデックス・ファンド」 は、”SBI・V・全米株式インデックス・ファンド”のような、米国株式市場を丸ごと投資できる投資商品を選択ています。

ママ助

「全米株式インデックス・ファンド」で、米国企業の約4,000社を投資できます。

マメ助

もちろん、投資に正解はありません。「構成銘柄数の分散は不要だ!」という考え方にも賛成です。この辺りは、好みの問題かもしれませんね。

   

まとめ

ネット証券での積立契約件数ランキングを紹介しつつ、これから投資信託を購入しようとしている人に我が家で実践していることを紹介しました。

 

米国や全世界に投資する商品が上位に並んでいるので、「長期で積立投資を行うことによって、世界の経済成長を資産の成長につなげたい。」という経済学的に合理的な選択をしている人が増えている印象です。

  

このランキングの中では、ほとんど”正解!”と言える商品が並んでいるので、細かな違いに目くじら立てず、愚直に積立投資を継続していきたいですね!

この記事が、皆さんの資産形成のお役に立てれば幸いです

では、良い資産形成を!

 

ブログ村の応援クリックをお願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

最終的な判断は、各自で決めてください。より詳しく知りたい方は、国税庁HPや専門家に確認してください。くれぐれも自己責任でお願いします。

   

関連記事です。

株式投資には高いリスクがつきものです。自分の投資対象がどれくらいのリスクになるのか、簡単に計算できる方法はこちらの記事を確認してください。

【最大損失を知ろう!】あなたのポートフォリオ(インデックス運用)のリスクを見積もる簡便方法(トービンの分離定理)ポートフォリオ(インデックス投資)のリスクを簡易的に計算する方法を紹介します^^...

退職後の生活費(老後資金)を準備するなら、国が法制度化した個人型確定拠出年金制度(iDeCo)を活用しましょう!

https://vegetables-asstes.com/2021-0814-ideco/4365/

関連記事です。

資産形成するなら、税制優遇枠の活用は必須です。つみたてNISAを始めてみましょう。

【もう始めた?】楽々スタート!少額投資のススメ!(つみたてNISAの始め方)つみたてNISAが気になるけど、まだ始めていない人向けに3つのステップで解説していきます!つみたてNISAは、人生100年時代に、安定的な資産形成を支援していく観点から、国(金融庁)が2018年1月より制度化した「長期・分散・積立」投資を促進する制度です。...

国の制度が見直され、つみたてNISAの拠出可能な期間が延長されました。

【2022年】840万円を非課税運用!?まだ間に合う!つみたてNISAの拠出期間が延長!!つみたてNISAの拠出期間が2042年まで延長されたことで、2022年から21年間も運用が可能になりました。この記事では、①21年間積み立てたシミュレーションと、②おススメの投資信託を紹介します!...

つみたてNISAで購入可能な約190本の投資商品の中からどれを選べば良いのか?分かりやすく解説しています。

【つみたてNISA対象商品が半年ぶりに追加!?】これからつみたてNISAを始めるなら、何を買うべきか? こんにちは! マメ助です。(Twitter@2020mamesukeFP) (皆様の応援クリックが励みになります!↓) ...