投資関連情報

【分散投資に!】MSCIコクサイ指数は、S&P500銘柄を含む先進国株式指数だって知ってる?

こんにちは! マメ助です。(Twitter@2020mamesukeFP

ここ数年、米国株式市場の好調が際立っています。また、S&P500を始めとする米国株式市場への投資も人気です。しかし、ここにきて米国市場への過熱感があるのか、こんな質問をいただきました。

(皆様の応援クリックが励みになります!↓)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

   

質問者さん

S&P500種指数に連動する投資信託が人気です。けど、米国市場以外への国際分散投資を推奨されている人もいます。

個人的には、米国市場の上昇は続くと思うので、米国市場を中心とした地域分散をしたいです。しかし、全世界株式投資まではしたくありません。

米国市場をしっかりカバーしつつも、魅力的に感じない日本株式と新興国市場を除外した、国際分散投資が簡単にできる方法があれば教えてほしいです。

  

米国が調子が良いからと言って米国市場だけに投資していると、出遅れ感のある地域の上昇分を取り逃がす可能性もあります。

株式投資をする場合は、米国市場の中心に据えつつ、米国以外の地域にも分散投資をする。これが、資産形成の一般的な解答になります。

【資産運用】バンガード社ポートフォリオ配分モデルから資産配分・リスク分散を考える🔗

 

しかし、質問者さんの考え方も理解できます。結論を言うと、質問者さんの希望が叶うピッタリな商品は昔からあります。

「MSCIコクサイ指数」に連動する投資信託を買う!

これが「 米国市場をしっかりカバー(S&P500種銘柄に投資)しつつも、魅力的に感じない日本株式と新興国市場を除外した、国際分散投資が簡単にできる方法」です。

今回は、MSCIコクサイ指数について、簡単にその投資先を確認していきます。

マメ助

最後までご覧いただき、資産運用のヒントにしていただければ幸いです。

    

MSCIコクサイ指数ってどんな指数?

(図1)MSCIコクサイ指数は、日本を除く22の先進国市場に投資します。

(図1)は、MSCI社の公式サイトから作成した「MSCIコクサイ指数」投資対象地域の一覧表です。

公式サイトはこちら→https://www.msci.com/developed-markets 🔗

  

「MSCIコクサイ指数」 の特徴を並べると次のようになります。

  1. 「MSCIコクサイ指数」は、「MSCIワールド指数」から日本企業を除外した、約1300社で構成されています。
  2. 米国市場の割合は、約72%を占めています。
  3. 米国市場は、「S&P500種指数」ではなく、「MSCI USA指数」です。
  4. 「MSCI USA指数」は、時価総額加重平均の約85%をカバーする約625社で構成されています。
  5. 米国以外の21地域でも、各市場の時価総額加重平均の約85%をカバーしています。

  

マメ助

「S&P500種指数」は、米国市場の約500社で構成されています。

「S&P500種指数」は、時価総額加重平均の約80%をカバーしているので、「MSCI USA指数」の方が、カバー率が高いのが特徴ですね。

   

過去成績の比較

(図2)各指標の過去成績(myINDEX🔗より作成)

(図2)は、「MSCI USA指数」、「S&P500種指数」、「MSCIコクサイ指数」の各過去成績を比較したものです。(年率平均、米ドルベース、配当込み)

  

直近10年間は、米国市場が圧勝しているので、米国市場割合が低い(72%)「MSCIコクサイ指数」が劣後しています。

マメ助

しかし、長期で見るとほとんど差がありません。

「米国市場の成長を取りつつ、ヨーロッパ諸国の成長も逃したくない!(ただし、日本市場と新興国市場は不要!)」という方には、非常に魅力的な指数だと思いますね。

  

「MSCIコクサイ指数」に連動する投資信託は?

日本で購入可能な「MSCIコクサイ指数」に連動を目指す代表的な投資信託を2つ紹介します。

「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス・ファンド」と「ニッセイ外国株式インデックス・ファンド」の2つです。

2021年7月末時点の月次レポートを比較すると次のようになります。

※比較対象は、左から順に

  • eMAXIS Slim 先進国株式インデックス・ファンド
  • ニッセイ外国株式インデックス・ファンド
  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)インデックス・ファンド
  • SBI・V・S&P500インデックス・ファンド

  

(図3)各指数に連動したインデックス・ファンドの比較

詳しくは、こちらの記事を確認してください。↓

3つの先進国株式インデックス・ファンド月次レポートを比較!?(2021年7月末)🔗

  

投資信託を保有するために必要な”総経費率”も非常に低く設定されています。

ママ助

見方を変えれば、米国市場だけに投資する商品と同じコスト水準です。

よりS&P500種指数よりも分散投資ができるのに、同じ保有コストで資産形成できるとも言えますね。

  

これ一つで、米国市場をしっかりカバー(S&P500種指数よりも広範)しつつ、米国以外の先進国に投資可能な広く分散した運用ができますね。

 

まとめ:MSCIコクサイ指数に連動する投資信託も優秀です

今回は、質問者さんの希望が叶うピッタリな考え方を紹介しました。

「MSCIコクサイ指数」に連動する投資信託を買う!

これが「 米国市場をしっかりカバー(S&P500種銘柄に投資)しつつも、魅力的に感じない日本株式と新興国市場を除外した、国際分散投資が簡単にできる方法」です。

  

「MSCIコクサイ指数」 の特徴を並べると次のようになります。

  1. 「MSCIコクサイ指数」は、「MSCIワールド指数」から日本企業を除外した、約1300社で構成されています。
  2. 米国市場の割合は、約72%を占めています。
  3. 米国市場は、「S&P500種指数」ではなく、「MSCI USA指数」です。
  4. 「MSCI USA指数」は、時価総額加重平均の約85%をカバーする約625社で構成されています。
  5. 米国以外の21地域でも、各市場の時価総額加重平均の約85%をカバーしています。

  

このまま米国市場が上昇してもしっかり追随し、米国市場が下落しても出遅れているヨーロッパ地域の先進国株式によって損失分がカバーされる期待が持てますね。

マメ助

好みが分かれるところだと思いますが、「日本市場や新興国市場は不要だけど、米国市場(MSCI USA指数)を中心とした国際分散投資をしたい人」には、ピッタリな資産運用方法だと思います。

引き続き、長期的に愚直な積立投資を行って、世界の経済成長を資産の成長につなげていきましょう!

   

この記事が、皆さんの資産形成のお役に立てれば幸いです

では、良い資産形成を!

 

最終的な判断は、各自で決めてください。より詳しく知りたい方は、国税庁HPや専門家に確認してください。くれぐれも自己責任でお願いします。

ブログ村の応援クリックをお願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

   

関連記事です。