オルカン初めてトップに並ぶ!【2022年12月投信積立契約件数ランキング】

マメ助&ママ助のプロフィール

こんにちは! マメ助です。

(Twitterのフォローをお願いします!→@2020mamesukeFP🔗)

皆様の応援が励みになります!ブログ村の応援ポチお願いします!↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

モーニングスター公式サイトでは、ネット証券の投信積立ランキングを公開しています。

(↓新しいタブで開きます。)

投信積立の軸足は「全世界株式(オール・カントリー)」=ネット証券の投信積立契約件数ランキング22年12月🔗

この記事を読んで感じたことを紹介します。

この記事で紹介すること

「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」が初めて同率トップに!

トップ10に、全世界株式インデックス・ファンドが4本ランクイン!

相変わらず米国株式の人気が強いですが、潮流が変わってきている。そんな感じを受けた内容です。

マメ助
マメ助

最後までご覧いただき、資産運用のヒントにしていただければ幸いです。

スポンサーリンク
実は初めて!?

「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」が初めて同率トップに

出典:モーニングスター公式サイトより

(表1)は、2022年12月のネット証券の投信積立契約件数ランキングです。

各商品の特典集計方法は、次の通りです。

ランキングは、定期的に月次の投信積立契約件数トップ10を公表しているSBI証券、楽天証券、マネックス証券の公開情報を使用。各社ランキング1位に10点、以下、順位が落ちるたびに1点を減点し、第10位を1点として、3社のランキング10位までのファンドの点数を集計した。

出典:モーニングスター公式サイトより

最大得点は、30ポイント。(同一商品が3社で1位になった場合)

今回の注目すべき点は、これ↓

「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」と「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)→以下、オルカン」が、同率トップになったこと。

「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」は圧倒的人気の商品です。一方「オルカン」がランキング1位を獲得したのは初めてです。

マメ助
マメ助

2021年1月以来、23か月連続2位だった「オルカン」が、初めて同率1位を獲得!

「オルカン」の人気が上昇した形となりました。

もちろん、米国株式インデックス・ファンドはまだまだ根強い人気を誇っています。

2023年1月以降、積立件数ランキングの傾向に変化が続くのか?注目していきたいですね。

「オルカン」以外も健闘!?

トップ10に、全世界株式インデックス・ファンドが4本ランクイン!

つみたてNISAなどを活用した資産形成が、若年層を中心に確実に広がっています。

我が家も含め、多くの若年層がメインの口座にしている証券会社は、ネット証券です。

そのネット証券積立投信ランキング上位が、低コストのインデックス・ファンドで占められています。

今回は、同率1位を獲得した「オルカン」以外にも3本の全世界株式インデックス・ファンドがランクインしていますね。

トップ10入りした全世界株式投信

1位 eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

6位 eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)

7位 楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天・VT)

7位 SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド(SBI・V・VT)

米国株式:3本、先進国株式:2本という中、全世界株式インデックス・ファンドが4本もランクインしているのは、これまでと違った流れになっていると感じます。

マメ助
マメ助

どこの国や地域が勝つか予想をしない「地球の経済に丸ごと投資する」この傾向が続くのか?

引き続き見守っていきたいですね。

この4つの「全世界株式インデックス・ファンド」の何が違うの??

疑問に感じた方は、過去の記事を参考にしてくださいね。(↓新しいタブで開きます。)

合わせて読みたい
【資産運用】全世界株式インデックス・ファンド~4つの商品を比較!?~
【資産運用】全世界株式インデックス・ファンド~4つの商品を比較!?~
まとめ

米国株式の強さは続くのか?

(表2)純資産残高の上位にも、低コストのインデックス・ファンドが登場するように。

2023年は米国の景気後退が懸念されています。しかし、世界の株式市場の時価総額の約6割は米国株式で占められています。

米国株式の強さは、しばらく続くと思いますが、 過去には米国以外が強い時期もありました。

全世界株式インデックス・ファンドなら、 米国以外が強いターンでも取りこぼしがありません。

マメ助
マメ助

相場を読まない、世界の流行り廃りに自然についていく。

これからも全世界株式インデックス・ファンドは、我が家の資産形成の核ですね。

また、積立件数ランキング以外にも、運用資産残高もトップクラスに育っています。(表2)

「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」は、トップの差が約700億円です。

「オルカン」も順調に順位を上げて、現在は4位となっています。

数年後には、投信積立ランキングの他にも、純資産残高の上位も全世界株式インデックス・ファンドが占める可能性が高いですね。

まとめにかえて。

この記事では次の内容で紹介しました。

この記事で紹介したこと

「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」が初めて同率トップに!

トップ10に、全世界株式インデックス・ファンドが4本ランクイン!

引き続き、こういったランキングを確認しつつ、感じたことを紹介していきたいと思います。

この記事が、皆さんの資産形成のお役に立てれば幸いです。

では、良い資産形成を!

ブログ村の応援ポチをお願いします↓

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村
気になる記事をチェック!

関連記事

全世界株式指数は、2つあります。その2つについて分かりやすく解説しています。

合わせて読みたい
【資産運用】全世界株式インデックス・ファンド~4つの商品を比較!?~
【資産運用】全世界株式インデックス・ファンド~4つの商品を比較!?~

資産形成するなら、税制優遇枠の活用は必須です。つみたてNISAを始めてみましょう。

合わせて読みたい
【もう始めた?】楽々スタート!少額投資のススメ!(つみたてNISAの始め方)
【もう始めた?】楽々スタート!少額投資のススメ!(つみたてNISAの始め方)

国の制度が見直され、つみたてNISAの拠出可能な期間が延長されました。

合わせて読みたい
【2022年】840万円を非課税運用!?まだ間に合う!つみたてNISAの拠出期間が延長!!
【2022年】840万円を非課税運用!?まだ間に合う!つみたてNISAの拠出期間が延長!!

つみたてNISAで購入可能な約190本の投資商品の中からどれを選べば良いのか?分かりやすく解説しています。

合わせて読みたい
【つみたてNISA対象商品が半年ぶりに追加!?】これからつみたてNISAを始めるなら、何を買うべきか?
【つみたてNISA対象商品が半年ぶりに追加!?】これからつみたてNISAを始めるなら、何を買うべきか?

人気の記事!

当ブログは資産運用に役立つ情報を紹介していますが、あらゆる意思決定や最終判断は、ご自身の責任において行われますようお願いします。ご自身の投資で損害が発生した場合、当ブログの管理人は一切、責任を負いません。

プロフィール
マメ助
マメ助
当ブログの管理人
30代会社員・医療技術系!
家計管理×投資エンジンをフル活用してお金の不安なく、ゆる~く・楽しく・暮らします!

モットーは「一人ひとりの幸せが、家族の幸せ!」

自家製野菜を育てる&読書&動物も大好き、家計財務の責任者!(CFO)

資産形成・家庭菜園・乗馬歴ともに10年以上!

私たち家族の「お金・家族・趣味」の「体験と学び」を配信します!
Twitter(フォローお願いします!)
記事URLをコピーしました