投資関連情報

【最大20%下落⁉】利上げ時の市場調整局面で把握すべきは○○

こんにちは! マメ助です。(Twitter@2020mamesukeFP

(皆様の応援ポチが励みになります!↓)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

   

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

   

米国株式市場を中心として調整局面が続いていますね。

さて、リスク耐性の低い個人投資家はどのように対応すべきか?

我が家の対応方法を紹介しつつ、解説します。

この記事で分かること

  • 前回の利上げ時の米国株式市場の下落幅
  • 市場調整局面で把握すべきは○○○○
  • 我が家の状況

  

マメ助

最後までご覧いただき、資産運用のヒントにしていただければ幸いです。

    

前回の利上げ時の米国株式市場の下げ幅

最大20%程度の下落!

さっそく歴史に学びましょう。

前回の利上げ時が分かる資料があるので引用します。

2015年12月に米国が政策金利を0.25%引き上げたことによって、金融正常化への歩みを始めると、株価は下落に転じた。2015年12月2日に付けた高値から2016年2月12日の安値までの下落率は、▲20.08%になっている。約2カ月半で20%の下落だった。そして、利上げ実施前の株価水準を上回るまでに、1年半ほどの期間を要している。

出典:モーニングスター公式サイト🔗

 

前回の利上げ時の下落率は、▲20%程度

調整期間は、約3か月(2015年12月~2016年2月)。

そして、元の株価水準に戻るまで1年と半年程度かかった。

 

マメ助

今回も同じように推移するかどうかは分かりません。

しかし、「そんなものかぁ」という程度で受け止めておけばいいと思います。

あまり市場に振り回されず、淡々と継続したいですね。

 

そうは言っても下落はつらい!どうすれば?

そんな人にお勧めなのが、「金額ではなく、資産配分比率を把握する」ことですね。

 

市場調整局面で把握すべきは「資産配分比率」

投資の要点は、「いつ買うか?」「何を買うか?」よりも、

「どれだけ買うか?」(資産の配分)が、投資の成果を決める最も大きな要素となります。

 

また、投資金額が大きくなれば、金額ベースで把握すると大きな金額が動くことになるので、精神衛生上嬉しくありません。

マメ助

金額ベースだと、具体的な損益が分かってしましますからね。

 

そのため、我が家では金額ではなく、「資産配分の比率」=「リスク資産:現預金」の比率を把握するようようにしています。

 

我が家の状況(投資用資産分のみ)

我が家では、金融資産全体の把握だけでなく、「投資用資産の配分」を投資判断の重要な指標にしています。

またツイートでも同じようなことをつぶやいています。

https://twitter.com/2020mamesukeFP/status/1485712833946034182

 

2021年12月末時点の我が家の資産配分
(図1)2021年12月末時点の資産配分

「リスク資産:現預金」=「87:13」

(四捨五入の関係で、合計100になってませんが(笑))

 

これが下落に見舞われると次にように変化します。

 

2022年1月の我が家の資産配分(現状)
(図2)2022年1月時点

「リスク資産:現預金」=「84:16」

現預金が3ポイント程度上昇していることが分かります。

マメ助

まだまだ許容範囲です。

もっと「現預金比率」が高くならないと、リバランスする理由が見当たりませんね。

 

我が家では「リスク資産:現預金」=「70:30」から、現預金の比率が30%超と”高く”ならないと積極的に買い増ししないというルールを決めています。

反対に、 「リスク資産:現預金」=「90:10」から、 現預金の比率が10%未満になれば、リスク資産を売却する判断をします。

  

まとめ:市場に惑わされず愚直に市場に居座り続けよう!

資産形成の過程は愚直に継続!

我が家は、今後も5年~10年という投資を継続する現役世代です。

こういった株価の下落は今後も何度も遭遇するでしょう。

この市場調整をチャンスととらえて、積立投資で前向きにコツコツと買うこそが、もっとも合理的な投資姿勢だと考えています。

もちろん株価の調整が、どの程度で終息するか/どこまで低迷するかは、誰にも分かりません。

だからこそ、金額ではなく「資産配分比率を把握する!」ことだけに集中して、毎月の収入の一部を愚直に投資し続けるのみです。

 

これからも愚直にコツコツ、規律ある投資を継続しましょう!

Stay in the Market!

Stay the course!

 

この記事が、皆さんの資産形成のお役に立てれば幸いです

では、良い資産形成を!

 

ブログ村の応援ポチが励みになります↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

   

参考書籍

この記事では、次の参考にしています。