投資関連情報

【つみたてNISAを活用!】子ども2人分の教育費(約1,200万円)を、20年かけて準備する方法を解説!(再現性あり!)

こんにちは! マメ助です。(Twitter@2020mamesukeFP

(皆様の応援クリックが励みになります!↓)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

   

前回の記事では、子ども1一人分の教育費(約600万円)を老後のお金とは別に、15年かけての準備する方法」を解説しました。

 

【早く始めるほど楽!?】月額1.5万円(年間18万円)から15年で、教育資金 (約600万円)を準備する方法!(再現性あり!) こんにちは! マメ助です。(Twitter@2020mamesukeFP) (皆様の応援クリックが励みになります!↓) ...

 

今回は、「20年かけて子ども2人分を教育資金(約1,200万円)を準備する!」という早め早めに備えたいご家庭向けに、その方法を解説します。 

  

こんな人に!

  • 子ども2人分の教育資金(約1,200万円)を、20年かけて準備したい!
  • でも、月5.0万円(年間60万円)も現金で積立貯蓄できない!

リスクをとってお金を準備したい人に、この記事はヒントになります。

  

マメ助

最後までご覧いただき、資産運用のヒントにしていただければ幸いです。

 

前提条件を整理します

 

資産運用を始める前に、投資の目的とその方法を確認します。

今回の目的と方法は次のとおりです。

【目的】

子ども2人分の教育費用(=大学進学費用)を、20年で約1,200万円準備したい。

(約5万円/月(約60万円/年)を20年間現金貯金すれば準備できるが、そんな余力がない!)

【方法】

夫婦どちらか1人分の”つみたてNISA”を活用し、リスクをとって運用する!

「リスク運用:現金=(50:50)=600万円:600万円」を目標とする。

5つのステップで約1,200万円を目指す。

 (1)前半10年間は、積極的なリスク運用する。

 (2)後半10年間は、リスクを減らすために現金貯金を増やす。

 (3)全体の運用リターンは、2.0%を超える運用を目指す。

 (4)全体の運用リスク(▲23%)、最大損失額は▲219万円。

 (5)投資対象は、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)とする。

積立金額の設定(家計状況によって金額を変えます) → 元本合計:1,000万円

 ・1~5年目:月3.3万円→年40万円(5年で200万円)

 ・6~10年目:月5.3万円→年64万円(5年で320万円)

 ・11~20年目:月4.0万円→年48万円(10年で480万円)

 

「つみたてNISA」って、何??

という方は、次の記事を確認してください。非常にお得な制度でぜひ活用してください。

【2022年】840万円を非課税運用!?まだ間に合う!つみたてNISAの拠出期間が延長!!つみたてNISAの拠出期間が2042年まで延長されたことで、2022年から21年間も運用が可能になりました。この記事では、①21年間積み立てたシミュレーションと、②おススメの投資信託を紹介します!...

 

5つのステップについて、シミュレーションを行っています。

子ども1人につき、教育費用(大学進学費用)=約600万円が必要な理由は割愛します。

前回の記事を確認してください。

【再現性あり!】月額3.5万円(年間42万円)から10年で、教育資金 約600万円を準備する方法!? こんにちは! マメ助です。(Twitter@2020mamesukeFP) (皆様の応援クリックが励みになります!↓) ...

    

ママ助

教育費用を準備するポイントは、次の2点でしたね!

① 教育費用はインフレしやすい!

② 私立理系大学4年間:約600万円

    

マメ助

直近はあまり上昇していない印象を受けますが、教育費用はインフレしやすい傾向があります。

今後も、年率:0.5%~1.0%のインフレが続くと考えておくと無難です。

   

また、下表から分かるとおり大学卒業まで、私立医歯科系を除いて、だいたい600万円もあれば学費部分は、十分対応可能です。

出典:「教育費&子育て費 賢い家族のお金の新ルール(改訂版)」より作成

  

いざ実践!シミュレーションの結果!

必要なお金を準備するためには、次の3つの方法があります

  1. 自分で用意する(収入-支出)
  2. 運用する(資産×利回り)
  3. 借りる or もらう

 

本来、教育費用のような決まった時期に、決まった金額を準備する場合は「リスクを取らずに、貯蓄することが無難」ですが、今回は①と②を組み合わせ、20年で準備する方法を紹介します。

この方法は再現性は非常に高く、投資に関するテクニックはほぼ不要ですが株式市場の状況に大きく影響を受けますので、その点はご留意ください。(株式市場によっては、損失が発生し、③の方法で資金を準備する必要が生じます。)

 

また、積立金額については、前半の1年目~5年目は保育園などの出費が重いと考えられますので、つみたてNISA枠の満額の3.3万円/月の拠出を目標にします。

子どもが小学生に上がる6年目~10年目は、出費が相対的に減る+収入が増えることを想定して、つみたてNISA(3.3万円/月)+2万円/月の積立を目指します。

11年目以降は、出費が増えることを想定して、4万円/月の現金貯金を目指します。

【積立金額の推移】

積立金額の設定→ 元本合計:1,000万円

 ・1~5年目:月3.3万円→年40万円(5年で200万円)

  → 子どもが保育園時代=積立額はつみたてNISA枠を満額積立を目指す!

 ・6~10年目:月5.3万円→年64万円(5年で320万円)

  → 子どもが小学生時代=貯め時!積立額は+2万円/月増やす!

 ・11~20年目:月4.0万円→年48万円(10年で480万円)

  → リスク資産の拠出を止め、現金比率を高める!

    

(1)前半10年間は、積極的なリスク運用する。

全世界株式インデックスの過去実績から、「リスク:20%、リターン:4%」として計算します。

まずは、運用期間を長く確保するために、前半10年間の積極的につみたてNISAを活用します。

運用方法は、愚直に毎月積立投資です!

10年間積立投資した後は、目標金額の600万円を超えるまで、ほったらかしでOKです。

 

(2)後半10年間は、リスクを減らすために現金貯金を増やす。

後半10年間は、ゴールを目指してリスクを段階的に減らすため、貯蓄のメインを現金貯金に回し、銀行口座に積み立てます。

(1)、(2)の運用の結果は次のようになります。

(表1:つみたてNISA)、(表2:現金貯金)

 

  • 前半10年間は、運用期間を長く確保するため積極的なリスク運用!
  • 後半10年間は、ゴールに向けてリスクを減らす運用に切り替える!
  • リスク運用で600万円まで増えたら、解約し現金で保有する!
全体としてリスク運用と無リスク運用で、600万円ずつ準備します。

  

20年間の運用の結果は?

リスク運用の結果は、次のようになります。

(今回はつみたてNISAを活用して運用したので、含み益に対して非課税です。)

 

20年間フルで運用することも可能ですが、今回の目標金額はリスク運用で約600万円です。

株式市場の状況にかかわらず、目標の600万円までお金が増えたら、即解約します。

今回はシミュレーションどおり、15年目で600万円まで増えたと想定します。

 

マメ助

もちろん、株式市場の状況によっては、15年目でも600万円まで増えていない可能性もあります。

その場合は、引き続きほったらかしにして、600万円になるまで放置しましょう!

    

  • 元本:400万円
  • リスク:20%、リターン:4%(複利運用)
  • 15年目:608万円(損益:+208万円)で解約(→残り5年間は、現金で保有)
  • つみたてNISAは含み益に対して非課税 → 手取り:100%
  • 手取り608万円

 

(3)全体の運用リターンは、2.0%を超える運用を目指す。

 

20年間の運用の結果

(1)+(2)=(608万円+600万円)=1,208万円となり、

目標の約1,200万円準備することができました。

  

全ての元本1,000万円を20年間運用し、手取り1,208万円まで増えた場合、

全体としてどれだけのリターンをられたかを計算する方法が、(表3)です。

(表3)

結論は、年率:約2.3%程度で運用できたことが分かりました。

ママ助

教育費用は、年率:0.5~1.0%程度インフレが想定されるんだったね!

年率:約2.3%なら、十分インフレに対応して運用できたことが分かります。

      

(4)全体の運用リスク(▲23%)、最大損失額は▲219万円。

(表4)全体のリスクとリターン

  

この方法で考慮すべきことは、リターンだけではありません。

最大損失額もしっかり把握しておきましょう。

計算方法は割愛しますが、(表4)の一番右側を見てください。

 

これは各年で、「コロナ・ショック級」の株式市場の暴落が発生した時に、発生しうる最大損失額を示しています。

運用額が大きくなる後半ほど、損失額が大きくなることが分かります。

 

今回は、リスク運用で600万円まで増えたら、即解約→現金化することにしています。

その直前で暴落に見舞われた場合、約219万円も損失が発生する可能性があります。

 

マメ助

仮に15年目に「〇〇ショック」が発生したら、一気に219万円減ることになります。

だからこそ、最後までリスク運用せずに、目標金額である600万円まで貯まったら、解約して現金で保有すると、より確実性は高くなります。

 

この不確実性(リスク)を受け入れられるなら、この方法は再現性の高い方法です。

繰り返しますが、必要なお金を準備するためには、次の3つの方法しかありません

  1. 自分で用意する(収入-支出)
  2. 運用する(資産×利回り)
  3. 借りる or もらう

  

仮に②で失敗した場合に備えてリカバリーできる方法を準備しておきましょう!

例えば、①の積立額を増やす(倹約や副業、夫婦共働き)、③借りる(奨学金) or もらう(児童手当)などが考えられます。

  

ママ助

児童手当は子ども一人につき、生まれてから~中学卒業までの15年間で、約200万円給付されるので、損失の補填に十分活用できますね!

キーワードは「児童手当は、全額現金貯蓄する!」です。

(5)投資対象は、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)とする。

 

最後は、想定した「リスク:20%、リターン:4%」を達成しそうな投資対象の紹介です。

(1)でもお伝えしたとおり、「リスク:20%、リターン:4%」は、全世界株式指数(MSCI オール・カントリー・ワールド・指数)の過去実績からリターンを少なめに見積もったものです。

 

この指数に連動する投資信託は、「eMAXIS Slim 全世界株式 (オール・カントリー)」などがあります。

詳しくは、楽天証券のHPをご確認ください。

https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fund/detail/?ID=JP90C000H1T1

   

マメ助

今のところ、迷ったら「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」で、OKです。

   

まとめ

20年かけて子ども2人分を教育資金(約1,200万円)を準備する!」という早め早めに備えるたいご家庭向けに、その方法を解説しました。

教育費用のような決まった時期に、決まった金額を準備する場合は「リスクを取らずに、貯蓄することが無難」です

 

しかし、今回紹介した方法は、再現性は非常に高く、投資に関するテクニックはほぼ不要ですが株式市場の状況に大きく影響を受けますので、その点はご留意ください。(場合によっては、損失が発生します。)

 

具体的には次のとおりです。

【目的】

子ども2人分の教育費用(=大学進学費用)を、20年で約1,200万円準備したい。

(約5万円/月(約60万円/年)を20年間現金貯金すれば準備できるが、そんな余力がない!)

【方法】

夫婦どちらか1人分の”つみたてNISA”を活用し、リスクをとって運用する!

「リスク運用:現金=(50:50)=600万円:600万円」を目標とする。

5つのステップで約1,200万円を目指す。

 (1)前半10年間は、積極的なリスク運用する。

 (2)後半10年間は、リスクを減らすために現金貯金を増やす。

 (3)全体の運用リターンは、2.0%を超える運用を目指す。

 (4)全体の運用リスク(▲23%)、最大損失額は▲219万円。

 (5)投資対象は、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)とする。

積立金額の設定(家計状況によって金額を変えます) → 元本合計:1,000万円

 ・1~5年目:月3.3万円→年40万円(5年で200万円)

 ・6~10年目:月5.3万円→年64万円(5年で320万円)

 ・11~20年目:月4.0万円→年48万円(10年で480万円)

  

20年間運用した結果は、次のようなシミュレーション結果(表4)となります。

(表4)全体のリスクとリターン

  

元本:1,000万円が、1,208万円まで増える可能がある一方最大219万円減る可能性があります。

 

この不確実性(リスク)を受け入れられるなら、この方法は再現性の高い方法です。

繰り返しますが、必要なお金を準備するためには、次の3つの方法しかありません

  1. 自分で用意する(収入-支出)
  2. 運用する(資産×利回り)
  3. 借りる or もらう

  

仮に②で失敗した場合に備えてリカバリーできる方法を考えておくのをおススメします。

例えば、①の積立額を増やす(倹約や副業、夫婦共働き)、③借りる(奨学金) or もらう(児童手当)などが考えられます。

ママ助

キーワードは、「児童手当は、全額現金貯蓄する!」です。

児童手当は、子どもが生まれてから~中学卒業までの15年間で、約200万円給付されるので、損失の補填に十分活用できますね!

20年という長期の時間とつみたてNISAを活用すると、ゆとりある準備が可能となります。

この方法で、子ども2人分の教育資金(約1,200万円)を準備するのは、再現性が高く、積立投資を続けるだけで誰もが実現できる可能性を秘めています。

ぜひ後悔のない、資産運用を行ってください!

 

この記事が、皆さんの資産形成のお役に立てれば幸いです

では、良い資産形成を!

   

ブログ村の応援クリックをお願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

  

投資は自己責任です。最終的な投資判断はご自身で行ってください。

(※投資はリスクを伴います。元本保証ではありません。)

  

参考文献です。

  

関連記事

関連記事です。

IRR(複利)の具体的な計算方法を解説した記事です。

IRRを活用すると、貯蓄型保険(学資保険・個人年金保険)の真の利回りが一発で計算できます。

【お金(資産運用)】知らないと大損!?○○保険の利回りを一発で計算する方法~内部収益率(IRR)~子どもの教育資金を準備する際に、よく利用されている方法が「学資保険」ですね。今回は、貯蓄型保険などの金融商品の真の利回りを計算する方法を紹介します!...