【お金(資産形成)】
PR

【資産運用】新説?投資先「米国だけは避けよ」は本当か

マメ助&ママ助のプロフィール
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは! マメ助です。(Twitterのフォローをお願いします!→@2020mamesukeFP🔗)

皆様の応援が励みになります!ブログ村の応援ポチお願いします!↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

ブルームバーグで興味深い記事を見つけました『株式市場に投資を、どこでもいいが「米国だけは避けよ」🔗』今回はこの記事を紹介しつつ、感じたことを記事にします。

この記事で紹介すること
  • 米経済は利回り上昇の影響で著しい減速に見舞われる?
  • どこの株式市場にでも投資するべきだが、「米国だけは避けよ」
  • 我が家の投資方針は?

株式市場が不安定だからこそ、どっしりとした資産形成を心がけていきたいですね。

スポンサーリンク
記事の要約

米経済は利回り上昇の影響で著しい減速に見舞われる?

冒頭で紹介した記事内容を引用すると、以下のとおり。

英投資会社アバディーンの株式世界責任者デバン・カルー氏は先週、訪問先のスペインで顧客に対し赤裸々なメッセージを発した。どこの株式市場にでも投資するべきだが、「米国だけは避けよ」というものだった。カルー氏はマドリードでの19日のインタビューで、「私のように米景気は減速し、ドルは弱くなると考えるなら、他の場所に投資することについて考え始める必要がある」と発言。

株式市場に投資を、どこでもいいが「米国だけは避けよ」-アバディーン

米国の金利上昇の影響で経済停滞に見舞われると予想する専門家も多くいます。Xでは次のような発信も見受けられました。

将来のことは誰にも予測不可能です。我が家を含め、株式市場を広くカバーしたインデックス・ファンドで資産形成している人にとっては、少し気がかりな内容ですね。

さて、こんな時我が家ならどう考えるか?

まとめ

我が家の投資方針は?

「米国市場は避けよ」といいますが、全世界株式市場の時価総額の約6割は米国が占めています。株式による資産形成をする場合、米国市場を無視することはできません。しかし、全世界株式市場の約4割は、非米国であることもまた事実。

それならば、賢い投資家は米国だけに投資するのではなく、全世界に広く分散投資する。そういった選択が合理的な方法です。

我が家もこれまでどおり、全世界株式インデックス・ファンド(eMAXIS SlimやSBI・V・全世界株式)を通して、世界中の株式市場に分散投資を継続していきます。長期的な資産形成にとっては、短期の値動きは雑音(ノイズ)に過ぎません。しっかりと、規律ある資産運用を心がけたいですね。

次の内容で紹介しました。

この記事で紹介したこと
  • 米経済は利回り上昇の影響で著しい減速に見舞われる?
  • どこの株式市場にでも投資するべきだが、「米国だけは避けよ」
  • 我が家の投資方針は?

米国経済の景気減速が予想れていて、ますます先行きが不透明な状況です。そもそも株式市場は一寸先は闇。しっかりとリスク許容額を把握して、市場に居座り続けましょう!

いつも本当にありがとうございます!

皆様の応援が励みになります!ブログ村の応援ポチお願いします!↓

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村
オススメ書籍

オススメ書籍を紹介

作家橘玲氏も資産運用において「コスパ」「タイパ」「リスパ」の最も優れている商品は、全世界の株式市場をコピーしたインデックス・ファンドと紹介しています。

created by Rinker
¥1,760 (2023/12/06 09:12:49時点 楽天市場調べ-詳細)
こちらもチェック!

読みたい関連記事

ライフプランを考えるうえで、欠かせないのがお金の問題です。人生100年時代、資産形成方法を考えています。

合わせて読みたい
【人生100年時代】ライフプランのツールとして、積立投資という選択肢を考慮すべき3つの背景(1/2)
【人生100年時代】ライフプランのツールとして、積立投資という選択肢を考慮すべき3つの背景(1/2)

資産形成を始めたもののこれで良いのか?このまま続けても良いのか?不安な方は次の記事を確認してください。きっと続ける自信になりますよ。

合わせて読みたい
【資産形成】「貯蓄」習慣を絶対につけるべき理由!(社会人1年目のあなたへ)
【資産形成】「貯蓄」習慣を絶対につけるべき理由!(社会人1年目のあなたへ)

現代社会で資産形成をするならネット証券口座は必須のツールです。スマホで5分!まずは、口座を開設してみましょう!

合わせて読みたい
【資産形成】現代社会の富の源泉「ネット証券口座」を開設しよう!(社会人1年目のあなたへ)
【資産形成】現代社会の富の源泉「ネット証券口座」を開設しよう!(社会人1年目のあなたへ)

人気の記事!

当ブログは資産運用に役立つ情報を紹介していますが、あらゆる意思決定や最終判断は、ご自身の責任において行われますようお願いします。ご自身の投資で損害が発生した場合、当ブログの管理人は一切、責任を負いません。

プロフィール
マメ助
マメ助
当ブログの管理人
30代会社員・医療技術系!
家計管理×投資エンジンをフル活用してお金の不安なく、ゆる~く・楽しく・暮らします!

モットーは「一人ひとりの幸せが、家族の幸せ!」

自家製野菜を育てる&読書&動物も大好き、家計財務の責任者!(CFO)

資産形成・家庭菜園・乗馬歴ともに10年以上!

私たち家族の「お金・家族・趣味」の「体験と学び」を配信します!
Twitter(フォローお願いします!)
記事URLをコピーしました